<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

29日の営業時間のご案内とシャツジャケットその2。

e0087511_294981.jpg

誠に勝手ながら29日月曜日は、都合により19:00閉店とさせていただきます。




本日、シャツジャケットの生地見本が届きました。

あれ?前からあるでしょ?

・・・実は、スーツ工場でもシャツジャケットを作れるようになったのです。

シャツ工場で作るものよりも、もう少しカッチリとした、テーラードに近い作りで、税込み31,500円。

こちらには内ポケットも付きますし、形も豊富に選べます。



シャツ工場の軽い作りか。

はたまたスーツ工場のしっかりした作りか。

使える生地もそれぞれ違うので悩みどころ。

どうぞご相談ください。

というか、自分もまた作りたいので相談したい、です。

うーん。
[PR]

by maco_knot | 2009-06-28 02:09 | ファッション | Comments(0)  

京都から。

e0087511_16485060.jpg

しばらく前に、京都の"うね乃"という"おだし"屋さんのご主人と奥さまにお立ち寄りいただきました。

京都物産展に出店した帰りで、メインバー・コートさんがご紹介してくれたそう。

"京都も最近こういう個人で頑張ってるお店が少なくなっちゃってね"

"松本はまだ、どこにでもあるチェーン店ばっかりじゃなくておもしろい"

・・・と、松本の街もうちのお店も気に入っていただけたようで、フレグランスキャンドルを何種類かお買い上げいただき、シャツジャケットもご注文くださいました。

いやー、なんか嬉しいですね。

で、おみやげに"うね乃"さんのふりかけをいただきました。

これが合成添加物も、アミノ酸等の旨味調味料も使ってなくて、優しくて美味しい!

数週間後、シャツジャケットのできあがりを受け取りに来てくれた時にそんな話をしたら、"最近そういうところを気にしてくれるお客さん少ないんだよね"だそうで・・・。

うちはふだんお弁当のふりかけも自家製なので、旨味調味料なんかが入ってると、ちょっと・・・。

コートの林さんが言うには、おだしもすごく美味しいとのこと。

ちょっと他の商品も気になります。

通販もできるみたいなので、興味のある方は"京都 うね乃"で検索してみてください。



きちんとした仕事をしていれば、ちゃんとファンは増えていくんですね。

自分も頑張らないと。



で、うね乃さん、"それを口実にまた松本に来たいんで、いいもの入荷したら電話ください"とのこと。

もちろんお電話します!

ぜひまた松本にいらしてください。
[PR]

by maco_knot | 2009-06-26 16:48 | 飲み物・食べ物 | Comments(2)  

長野に海はないけれど。

e0087511_16411242.jpg

少し前、オーダーメイドシャツの生地に夏らしい麻やマドラスチェックが追加されました。

インド綿のマドラスチェック、40才以上の方はちょっと懐かしいんじゃないでしょうか?

20年ほど前でしょうか?

私も着てましたよー。

イージーパンツとか、パッチワークのボタンダウンシャツとか。

ホント懐かしいなぁ、と思っていたら・・・今日入荷した中にありましたよ!

パッチワークのシャツ生地が!

やっぱりこれでボタンダウンでしょう。

ちょっと細身にしたりプルオーバーにしたり、今風にアレンジすると、ちょっとカッコよくマリンリゾートの雰囲気で着こなせますよ。

海ないですけどね。

まぁ、もうすぐ夏ですから!
[PR]

by maco_knot | 2009-06-18 16:41 | ファッション | Comments(0)  

母の日に比べるとイマイチ盛り上がりに欠ける感じは否めませんが。

e0087511_15401438.jpg

21日は父の日です。

プレゼントの定番といえばネクタイやタイバー、カフリンクスなどなど。

ノットアノットはネクタイ屋ですから、もちろんそういった物もオススメなんですが・・・。

お父さんをさらにカッコよくする、こんなプレゼントはいかがでしょう。

フランス製、デュランス社のシャワージェルとオードトワレ。

メンズラインのロメシリーズに使われているウミクロウメモドキは、ビタミンCやミネラルなどを豊富に含み、肌を引き締めて潤いを与えます。

自分でも使ってみた感じ、洗いあがりはすっきりしてるのにしっとり。

"肌にやさしい"を謳っている石けんとかシャワージェルって、洗いあがりがイマイチな物が多いですが、これはホントに余分な脂分だけ落ちてる感じです。

アンチエイジング効果も高いようですよ。

香りはベルガモット、レモン、ラベンダー、サンタル、オレンジ、シダーのブレンドで、フレッシュさに少し渋みもプラス。

オジサンぽくも子どもっぽくもなく、イヤラシさもない、まさにカッコいいオトコの香りです。

プレゼントとしてだけでなく、自分で買ってでも使ってほしいですねー。





・・・ところでウミクロウメモドキって何?

グミ科の低木だそうですよ。

その果肉と種子から、ビタミン類やミネラルを含んだ上質な油採れるそう。

勉強になります。
[PR]

by maco_knot | 2009-06-09 15:40 | ファッション | Comments(1)  

オーガニックコットン考。

e0087511_1545488.jpg

e0087511_1545443.jpg

以前ご紹介したオーガニックコットンとロイヤルカリビアンコットンの混紡生地、自分も着ています。

オーガニックコットンのざっくりとした自然な風合いと、ロイヤルカリビアンコットンの品のいい光沢感。

一見、相反する要素がミックスされて、ハリがあるドレスシャツになります。

雑誌ビギンの今月号にもオーガニックコットンの特徴が紹介されていましたね。

コットン本来の素朴な雰囲気が強いオーガニックコットンは、単体ではカジュアルシャツはともかくドレスシャツには向きません。

超長綿であるロイヤルカリビアンコットンと混紡することにより、品の良さもプラスされて、上質なドレスシャツ向きの生地になるのです。

着た感じちょっと硬い気もしますし、アイロン時のシワの伸びも決して良くはないですが、何より肌ストレスが少ない!

形状記憶シャツの多くはホルマリン加工がされていますし、普通のコットン生地も漂白なり、何らかのケミカルな工程を経ています。

当然、多少の差はあれ、人体にストレスを与える場合が多いですよね。

何より地球にも綿花栽培農家にも自分にもやさしい、と思えば心も豊かになろうってもんです。

オシャレもできて、ダブルで豊かに。

ちなみに、混紡されているロイヤルカリビアンコットンも綿花を手摘みしています。

つまり枯れ葉剤を使わず収穫された綿花同士の組み合わせ。

かなりいいコンビでしょ?




オーガニックコットン×ロイヤルカリビアンコットン生地
オーダーメイドシャツ:15,750円~
[PR]

by maco_knot | 2009-06-04 15:04 | ファッション | Comments(0)