クールなクールビズ考。

ここ数日、あいさつが"暑いですねー"となっているほど松本も暑いですね。

クールビズもいよいよ本格化してきて、ニュースでも"スーパークールビズ"なんて紹介してますね。

でもやっぱりビジネスにはビジネスのルールがあって、越えてはいけないラインてあると思うんです。

単に涼しければいい、というものではなく、"身だしなみ"ですからね。

ビジネスにしろフォーマルウェアにしろ、相手に失礼のない着こなしが"身だしなみ"だと思うんです。


例えば着こなしを崩さなくても、今なら高機能素材で涼しく過ごすこともできます。
e0087511_18571795.jpg

クールマックスやアイスコットンの生地でドレスシャツを作れば、涼感アップで好感度もアップ。

スーツやジャケット、ウールパンツを通気性を30%向上させた裏地でオーダーすることもできます。

少しカジュアルに、以前ご紹介したシャツジャケットなんかも軽く羽織れていいですね。

ダブルでも麻素材なら重く見えません。
e0087511_1991038.jpg


ネクタイを外した衿もとがカッコよく決まる衿型もあります。

もちろんボタンダウンもオススメです。
e0087511_1975747.jpg

人気のギンガムチェックや上品なリバティプリントなんかもクールビズなら使いやすいでしょうか。


そしてひとつアドバイスを・・・。

ネクタイを外した分、いろいろ足したくなるところですが・・・足しすぎないようにした方が断然カッコいいですよ。

着こなしがわかっている感じが出せます。

たとえば、タイがなくなって物足りないときはスーツやジャケットの胸にポケットチーフを挿してみるとか。

シャツのボタンホールの色を変えるとか、前立てにストライプテープを使うなどの遊びを入れる時はやりすぎないように、シンプルめ、やわらかめの色を選びましょう。

"急に頑張りすぎちゃった"じゃなく、"こなれて"見えた方がオシャレですから!


暑い時期も工夫して、節電しながらもクールに乗り切りたいですよね。






フェイスブックはこちら
[PR]

by maco_knot | 2014-06-02 19:43 | ファッション | Comments(0)  

<< オーダーメイドシャツ・シャツジ... オーダーシャツのオプション無料... >>